urimimuの日記

2014年  読書記録+X

映画 花戦

野村萬斎のファンなので・・・。 池坊の花はあまり見たことがなかったが、楽しい花だった。

映画 美しい星

嘘のような、うそのような、本気のはなし? こんなことって、あるわけないじゃん・・・でもあるかも・・・って思っている私がいる。有ってもいい・・・って思っている。 同じ日本語を話していても・・・どういうスピリットで話しているのか、異星人のように…

映画 メッセージ

はじめは過去だと思っていた。 未来からメッセージを受け取ることもできるのか! ここには現在も、過去も、未来もある。要は・・・時間はないのか? 映像で表現するとまどろっこしい?が。 3次元の世界で4次元を表現するのって! すごく面白い。もう一度見よ…

4-◎ 病をよせつけない心と身体を作る

病をよせつけない心と身体をつくる―直観医療からのメッセージ 作者: クリステルナニ,菅靖彦 出版社/メーカー: 草思社 発売日: 2007/08/04 メディア: 単行本(ソフトカバー) 購入: 6人 クリック: 16回 この商品を含むブログ (5件) を見る ボディケアセラピス…

3-◎ 糖質オフ!健康法

よくわかる! すぐできる! 「 糖質オフ! 」健康法 作者: 江部康二 出版社/メーカー: PHP研究所 発売日: 2016/02/23 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログ (1件) を見る My best 糖質制限食参考書! ただいま糖質制限食6か月目。今月から無…

2-〇 糖質オフするならどっち?

糖質オフするならどっち? 作者: 大柳珠美 出版社/メーカー: 宝島社 発売日: 2015/05/25 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 糖質制限中の参考書として

1-これを大和言葉で言えますか?

これを大和言葉で言えますか? (青春文庫) 作者: 知的生活研究所 出版社/メーカー: 青春出版社 発売日: 2015/04/10 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (1件) を見る 今年になって一冊も読まなかったわけではないのに、なぜかこれから始める。 最近知り合…

32 ◎ おやじダイエット部の軌跡のレシピ

おやじダイエット部の奇跡のレシピ (マガジンハウスムック) 作者: 江部康二,大柳珠美,桐山秀樹 出版社/メーカー: マガジンハウス 発売日: 2012/09/26 メディア: ムック この商品を含むブログ (1件) を見る 糖質制限を推奨する江部康二医師の病院へ行ってみた…

31 ◎ ケトン体が人類を救う

ケトン体が人類を救う 糖質制限でなぜ健康になるのか (光文社新書) 作者: 宗田哲男 出版社/メーカー: 光文社 発売日: 2015/11/17 メディア: 新書 この商品を含むブログ (4件) を見る 糖質制限第2冊目! 糖質制限ができるのは、肝臓でケトン体を作るシステム…

30 ◎炭水化物が人類を滅ぼす

炭水化物が人類を滅ぼす 糖質制限からみた生命の科学 (光文社新書) 作者: 夏井睦 出版社/メーカー: 光文社 発売日: 2013/10/17 メディア: 新書 この商品を含むブログ (28件) を見る 血糖値が高かったのでいろいろ調べていたら、「糖質制限」という言葉が入っ…

29-◎ 遅まきながら…火花

火花 作者: 又吉直樹 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2015/03/11 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (148件) を見る この頃私にとって残念な作品が続いていたので、あまり期待していなかったが、とても良かった。言葉の使い方、心理的葛藤の描写、…

28-△ 3冊続けて・・・?

ラニーニャ (岩波現代文庫) 作者: 伊藤比呂美 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 2016/05/18 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (1件) を見る 楽しめなかった。

27-△ 本を読む参考に?なる?

カリスマ経営者の名著を読む (日経文庫) 作者: 高野研一 出版社/メーカー: 日本経済新聞出版社 発売日: 2016/06/16 メディア: 新書 この商品を含むブログを見る これから読む本の参考になるかな?と思って読んだが、この本鵜を読むことが苦痛だった。めんどく…

26-× 妙な味のミステリー

ルーフォック・オルメスの冒険 (創元推理文庫) 作者: カミ,高野優 出版社/メーカー: 東京創元社 発売日: 2016/05/30 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (9件) を見る 久しぶりの驚き。 3分の1しかよめなかった。 こういう本が外国で翻訳されていること…

25-◎ 野菜の事典

旬の野菜の栄養事典 最新版 作者: 吉田企世子 出版社/メーカー: エクスナレッジ 発売日: 2016/05/26 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログ (1件) を見る 日常的に食べている野菜を改めて知る。 図書館で借りたけれど、これは買い!

25-○? 甥の翻訳作品なので・・・

森は考える――人間的なるものを超えた人類学 作者: エドゥアルド・コーン,奥野克巳,近藤宏,近藤祉秋,二文字屋脩 出版社/メーカー: 亜紀書房 発売日: 2016/01/07 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (3件) を見る こういう専門書はどうして、めんどくさい…

24-○ 維摩と護摩

三田 正広著 仏教の経典を小説にしたものらしい。仏教に特別興味あるわけではないが、この本は興味深かった。

22,23―○ ジョン・マン4,5

ジョン・マン 青雲編 作者: 山本一力 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2013/12/25 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る ジョン・マン 5 立志編 作者: 山本一力 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2015/06/18 メディア: 単行本 この商品を含むブログ…

21-◎ 清少納言・・いとをかし

はなとゆめ (単行本) 作者: 冲方丁 出版社/メーカー: 角川書店 発売日: 2013/11/07 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (21件) を見る 興味深いもの、好きなもの、気になるもの。 楽しむ、ご機嫌でいる、制限のある宮殿での生活をエンターテイメントする…

18・19・20ー○ ジョン・万次郎のストーリーこういう読み物に出会うとは!

ジョン・マン1 波濤編 (講談社文庫) 作者: 山本一力 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2014/10/15 メディア: 文庫 この商品を含むブログを見る ジョン・マン2 大洋編 (講談社文庫) 作者: 山本一力 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2014/10/15 メディア: 文…

シネマ歌舞伎 天守閣物語

今年も地元の映画館でシネマ歌舞伎が上映されている。 2月はうっかり見逃したが、3月は玉三郎だった。 全体もだが、所作が美しい。座っている姿は特にだ。 若いころの海老蔵も美しい。 昨年は中村座の演目が中心だったが、今年はちょっと違うようだ。 毎月…

17-○?  久しぶりに赤川次郎

鼠、タヌキ囃子に踊る(赤川次郎) 20代のころよく赤川次郎を読んでいた。 そのころを思うとまさか時代もの?で書くとは想像もつかなかった。 ので、思わず手に取ったのだが・・・。 慣れない・・というのが感想。もう1~2冊読んでみようか?

16-○  初めて読む 聖 龍人

殿さま浪人 幸四郎―裏切りの夏祭り (コスミック・時代文庫) 作者: 聖龍人 出版社/メーカー: コスミック出版 発売日: 2015/08/07 メディア: 文庫 この商品を含むブログを見る 気楽に読みたかったので選択した。 内容も覚えていないほど気楽に・・・。

15-○?  光・・・・

光 (集英社文庫) 作者: 三浦しをん 出版社/メーカー: 集英社 発売日: 2013/10/18 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (13件) を見る 今まで読んだ三浦̪しをんとは一味ちがった作品。 どうだろう?

5-◎ 独立研究者・・・その意気やよし

数学する身体 作者: 森田真生 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2015/10/19 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (8件) を見る 荻上チキのミッドナイトセッションでこの著者を知る。 数学とは程遠い人生を送る私だが、とても引き付けられる話だった。 前…

4-○ 山本一力 最初の作品

あかね空 (文春文庫) 作者: 山本一力 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2004/09 メディア: 文庫 購入: 2人 クリック: 20回 この商品を含むブログ (66件) を見る 知人に紹介された作家 天本一力。 この作品は直木賞を撮った作品である。これはまあまあかな…

3-◎ 三浦しをんってやっぱり (⋈◍>◡<◍)。✧♡

政と源 作者: 三浦しをん 出版社/メーカー: 集英社 発売日: 2013/08/26 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログ (26件) を見る 今年は幸先よく3冊がとても面白い。 73歳の男性の人生の受け止め方、女性の私も他人ごとではなく受け止めた。 …

◎ 2 よしもとばなな 時々読みたい 感じたい

すぐそこのたからもの 作者: よしもとばなな,華鼓 出版社/メーカー: 文化出版局 発売日: 2011/06/25 メディア: 単行本 購入: 2人 クリック: 10回 この商品を含むブログ (12件) を見る 時がたつのは早い。子育てしているときは夢中で楽しんでいても、すぐに忘…

2016年の始まりは・・・インディオの気まぐれな魂

しばらく読書日記をつけなかったのは、何か理由があるわけでもなく、1~2冊書かないと何となく過ぎて行ってしまうものだ。 今年の正月に、息子に「昨年読んだ本でお勧めある?」と聞かれ・・・「・・・」 あったはずなのにさっと作品名が浮かんでこず、や…

映画 TOMMROW LAND

んー。ディズニー映画にはいつもこんな感情が残る。 ??????????????????